俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

どうして好きになったんだろう

テレファンを読んだ。

 

10/24発売のテレファンを読んだ話をする。

私は重たいモンペヲタクだから異論反論あるとは思うけど書かせて欲しい。文章にまとまりもないけど。気待ちの整理をする為にも。

 

10/24の夕方。ふとTwitterを開いたら「大我辞めないよね?」というツイートがタイムラインのトップにあった。何が起こってるのか全く知らないのに、何だか胸がザワついた。

 

今年に入ってから個人の仕事は無く、SixTONESの仕事をしてきた。単に個人の仕事が来なかっただけなのかもしれないけど、心のどこかに、個人の仕事をセーブしてるのでは?という思いもあった。

 

そして「僕はアイドルらしくない」という発言や、少年たちの阿部ちゃんの天気予報で書かれた“白い心臓”を読んで、何か葛藤しているのではないかと心配していた。

 

そんなことを思いながら、その“疑惑”の基であるテレファンを読んだ。思った通りだった。

 

 僕、今年はSixTONESの活動を優先したいって決めてたんです。去年個人で舞台のお仕事をたくさんさせていただいていた中で、ありがたいんだけど僕のスケジュールとかでSixTONESの勢いを止めてしまっている気もしていて。まだグループが出来立てで確立されてなかったから、ここぞっていうときはやっぱり6人が揃っていないとSixTONESとしてのエンジンも掛からないよなと。

こんなにも葛藤をストレートに伝えてくれる人は初めてだ。彼の好きなところでもある。大我くんは嘘をつかない。

彼はあの華奢な体で何を背負っているのか?

この文章から相当な重みが伝わってきた。彼は相当重たいものを背負っている。

自分のせいでSixTONESの勢いを止めてしまっている気がしてたなんて知らなかった…

去年は確かに忙しすぎて体調が心配だった。でもたくさんの壁を乗り越えて強くなる大我くんを見ることが出来て嬉しかった。

それに大我くんが外で経験したことはSixTONESに還元されてると思う。っていうかされてる。証言もある。

 

多分多くの京本担が思うことだとは思うけど、

SixTONESが大好きだしデビューして欲しいし絶対売れて欲しいしSixTONESにいる大我くんが好きだけど、

外部の舞台で成長して帰ってくる大我くんを知っているし、ジャニーズという肩書きのせいで苦しい思いや円盤化されない悔しさを味わってしまっている以上、「彼が本当にやりたいことをやるにあたってジャニーズで大丈夫なのか?」と思ってしまう。

 

でも“舞台”も“曲作り”も“SixTONES”も全部、彼がやりたいこと。線引きが難しいのが彼の葛藤。

 

「東西SHOW合戦」や単独ライブの機会が増えた今年は、僕にとって本望。ただ、そろそろ個人でも舞台に出たい気持ちも出てきてます。

 

グループでの京本大我と個人・京本大我の、自分の中での線引きが苦手なんです。

 

僕、シンガーソングライターみたいなことをしたいんです。

グループとは別に、一人だからこそ出てくる言葉とか伝えられることもあると思っていて。そうすると本当の自分とは…、自分はアイドルを続けられるのか…とかいろいろ考えちゃう。

 

これは私の甘い考えなのかもしれないけど、 全部やればいいと思っている。

「ジャニーズのミュージカルプリンスになります!」坂本くんに言った言葉。

大我くんの考えに矛盾なんてない。

 

それに、大我くんが思い浮かべるアイドル像はわからないけど、私たちからすれば十分アイドル。むしろ舞台での大我くんと歌って踊る大我くんのギャップにやられている。

それに大我くんが思い浮かべるアイドルになんてならなくたっていい。

たくさんの経験をしてどんどん大きく成長していく過程と成長した姿を見たい。

大我くんが苦しんでいる姿は今までもたくさん見てきたけど、その度に成長してくれて、その度に好きと尊敬の気持ちが大きくなる。

その応援をさせてくれればそれでいいんだよ。

大我くんについていって本当によかった。これからも付いていきたい。心からそう思う。

 

そして、誰も辞めるなんて言ってない。大我くんは有言実行の人。これは私の勝手な想像だけど、本当辞めるなら葛藤を雑誌で口にしたりせずに、スパッと辞めると思う。そんな気がしてる。それにSixTONESとしての夢もあるんだよ。そのおかげで生まれてるアイデアもたくさんある。

 

だから他のメンバー担様にもこれからもSixTONES京本大我を支えてほしい。大我くんは私たちが思ってるよりずっとSixTONESのことを好きだと思う。

それは他のメンバー担様も知ってくれていると信じたい。

 

SixTONESでやって行くことを選んでくれたし、たくさん苦悩しながら、ジャニーズという道を進み続けてもうすぐ12年になる。今年23歳にしてもう人生の半分以上。彼を信じるしかない。というか信じられる。

ここまでジャニーズでいてくれてありがとう。

 

たくさんもがいて苦しんで、また大きくなってくれると信じてる。でももしかしたらこの気持ちが本人にはプレッシャーなのかもしれない。

 

でもやっぱり数年見てきても、SixTONESとライブをしてる大我くんは、凄く楽しんでいるように見えるし、本当に楽しいと思う。

だからSixTONESとしての大我くんも個人としての大我くんも応援させて欲しい。これからも魅せて欲しい。

 

大我くんの選択について行くつもりだ。もちろんSixTONESにも。売れる自信しかない。不安なんてない。いらない。似合わない。彼は、彼らはプロだから。彼は、彼らは、自分たちで思ってるよりずっと凄い。

行動と実績を見てきて、大我くんに、SixTONESに、絶対的な信頼を抱いている。ここまで付いてきてよかった。これからも付いて行く。“君が行くなら間違いない”型になんてハマらなくていい。新しい型を作る存在であって欲しい。

やっぱり彼が、彼らが大好きだ。どうか、どうか報われますように。

 

Tearsについて語ってみた

 

突然ですが皆さん。作詞・作曲 京本大我

Tearsという歌を知っていますか?

これは数年前に初披露された曲です。

今更ですが、Tearsについて語ってみたいと思います。

 

Tears  作詞・作曲  京本大我

 

好きだよ 好きだよ 好きだよ

君を失ってもずっと

決して見せられない 僕の愛しい君には

 

なぜだろう 隣に君がいるのに

今日の夜空は綺麗じゃない

目が合うとぎこちなく笑う君

僕に刺さる 終わりの羽が

 

切り出せず俯く君の手を

優しく 強く 握ってみた

許されるなら 抱きしめたい

サヨナラの雨に打たれる前に

 

好きだよ 好きだよ 好きだよ

君を失ってもずっと

この想いは もう君には 届くはずもなくて

頬をつたって流れる悲しみの雫を

決して見せられない 僕の愛しい君には

 

 

好きだよ 好きだよ 好きだよ

君を失ってもずっと

決して見せられない 僕の愛しい君には

冒頭部分のここは、大我くんの透き通ったハイトーンボイスで切なく歌ってます。 

 

なぜだろう 隣に君がいるのに

今日の夜空は綺麗じゃない

目が合うと ぎこちなく笑う君

僕に刺さる 終わり羽が

“隣に君がいるのに今日の夜空は綺麗じゃない”

=隣に君がいる時の空は、いつもは綺麗

めちゃめちゃロマンチックな風景…大我くんによく似合う。

 

それに“終わりの羽”っていう言葉選びが素敵。

大我くんって言葉選びが凄く上手いと思うんです。

話の流れ的に、この時点ではまだ別れを察した段階だと思うんですが、羽っていうふんわりとした表現がすごく合ってるなあと…

 

切り出せず俯く君の手を 優しく強く握ってみた

許されるなら抱きしめたい

サヨナラの雨に打たれる前に

 “優しく 強く”めっちゃ矛盾じゃん!って最初は思ったんですが、よく考えたら、物理的には優しく手を握っててもその掌には別れたくないという強い想いがあるんです。だから力は優しく心は強く…切ない…

 

“サヨナラの雨に打たれる前に”

サヨナラをカタカナにしてるのが凄く大我くんっぽい。厨二病感出てる(褒めてる)サヨナラの雨に打たれるし、心も打たれる(傷を負う)

 

好きだよ 好きだよ 好きだよ

君を失ってもずっと

この想いはもう君には届くはずもなくて

頬をつたって流れる 悲しみの雫を

決して見せられない 僕の愛しい君には

まず3回“好きだよ”って言ってる時点でめちゃめちゃ重たい恋愛。重たい恋愛is最高

 

“この想いはもう君には届くはずもなくて”

よくある、届かないだろう とかじゃなくて 届くはずがない んですよ…切なすぎる

 

 

“頬をつたって流れる悲しみの雫を”

涙=悲しみの雫 って表現、めちゃめちゃ美しくないですか??やばい…大我くんが失恋して泣いてるドラマ見たい…(待ってます)

 

“決して見せられない 僕の愛しい君には”

別れても愛しい…愛しい人の前では涙は流さない…めっちゃ男…最高かよ…

 

これは私だけかもしれないんですけど、大我くんには重たい恋愛か、切ない恋愛のドラマして欲しい…

あの儚い感じとか、めちゃめちゃ似合いますよね

 

そして、大我くんの作る曲が好きだということ…。言葉選びがとっても秀逸ですよね…頭が良いんだろうな…

 

 

このTearsは少クラでもガムパでもやってます!

後藤くんのバイオリンと石垣くんのピアノでやったり、大我くんの歌と樹くんのラップとか

 

思い返してみると、Jr.がソロ曲をテレビサイズで歌えてた時代があったんだなあ…と(小声)

それに比べると今の少クラって…(以下略)

 

Tearsという楽曲も、大我くんのアカペラ✕樹くんのラップ も とても好きなので、また機会があったら聴きたいですね…

 

この曲が気になる方は、某Tubeにあると思うので、聴いてみてください(^^♪

キントレSixTONES単独8/3昼公演レポ 後編

前編はこちらのURLから↓↓

キントレSixTONES単独8/3昼公演レポ 前編 - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

 

質問コーナー(?)で指定の方からの

「メンバーのお互い好きなところを教えて」という内容の質問(ファインプレー)

 

MCの並びは慎太郎京本ジェシー髙地北斗

時間の関係で左隣の人の好きなところを言うことに

 

慎太郎

✓頼ってくれるところが好き

✓山口さんをどう紹介するか皆で相談してた時「樹に任せよう!」

✓ちゃんと意見を言える

 

慎太郎大我

✓かわいい

✓癒し

✓リハの時とかの不思議な動きを見ると癒されて、頑張ろうと思える

 

大我ジェシー

✓優しい

✓面白い

(ここで照れて吹き出しちゃうきょもちゃん)

✓責任感がある

✓引っ張ってくれる

 

並び順的に次はジェシー→髙地だけど、散々見せつけられてるから髙地と北斗が入れ替わることに。

 

ジェシー北斗

✓自分のことをよくわかってる

✓樹もふざけた時 軌道修正してくれる

✓唇が良い

 

北斗→髙地

✓昔からずっと一緒だから地元の友達感

✓不思議な安心感がある

✓これは俺にしかわからない

 

髙地

✓全部好き

✓樹「だろうな」

✓これは照れ隠し

✓実は家で仕事する

✓「ノリで行けるべ!」とか言って次の日ちゃんと意見とか持ってくる

✓樹「また人気出ちゃうよ〜」

✓これも照れ隠し

 

北「これ次やるの3年後とかでお願いします」

 

これでMCは終わり(だったはず…)

 

後半戦前の煽り

樹か慎太郎の要望で髙地が髙地を煽ることに

髙「髙地盛り上がってますか!」

客数名「イェーーーーイ!」

!?!?!?

北「髙地だけですよ?万が一髙地さんがいるならどうぞ!」

髙「盛り上がってますか!」

客「ザワザワ」

北「お前わかんねーよ!(笑)じゃあ皆でやりましょ」

髙「盛り上がってますか!」

客「イェーーーーイ!!」

 

(セトリも一応載せておきますね)

f:id:oishii_ice:20170810204346j:image

f:id:oishii_ice:20170810204359j:image

 

12.エンドレスサマー

この前の少クラ生放送でもやったエンドレスサマー。歌詞が物凄くSixTONESと一致しててしんどい。

末ズ→年長組→ほくじゅり→京ジェ

っていうパート割も新鮮でとってもいい( ; ; )

 

13.ジェットコースター・ロマンス

14.SexySummerに雪が降る

15.BANG!BANG!バカンス!

16.Ho!サマー

この4曲はバルコ!めちゃめちゃ楽しい夏メドレー!

Ho!サマーの落ちサビは大我ちゃんソロ

めちゃめちゃお顔と動きが可愛い(><)

 

17.黒ーんずの歌(正式名称不明)

6人で作詞作曲振付衣装した曲。

衣装は黒いマントにキャップ(メッシュ部分がメンカラ)をツバ後ろにしてかぶって、それに大きめの音符(手作り感が凄い)が付いてる感じ。

歌の時は自転車のハンドルだけ持ってる

黒ーんず=SixTONESを追いかけてる影

 

名前が黒ーんず仕様になる(登場順)

樹→田中 黒(たなか くろ)

ジェシー→ジェブラ

北斗→松村 黒子(まつむら ほくろ)

髙地→真夜中のシャドーボーイ

慎太郎→黒デレラ

京本→サディスティック京本

 (日によって名前が変わるメンバーもいる←)

 

(皆さんのレポを参考にさせて頂いてます汗)

下手バルコで樹が黒ーんずの説明をする

黒ーんずは樹含めて5人。

SixTONESには影って言われるけど黒ーんずって名前があるんだよ(`_´) 

樹「今日の喋りは緊張するぞ〜!?鍛えられたからな〜!フゥ〜〜ッ!」(山口さん見学のため)

 

樹「あれあのジェシーを追いかけてる奴どこいった?」

(ジェシー下手から登場)

ジェシー「ジェブラです。ジェシーブラックでジェブラです。SixTONESは白黒ーんずは黒。シマウマは英語でzebra」

 

樹「髙地と北斗追いかけてる奴らどこいった?」

(ゆごほく上手から登場) 

髙「どうも、真夜中のシャドーボーイです」
髙「Hey!Say!JUMPって奴らが歌ってくれてるらしいんだけど…すいません…(Hey!Say!JUMP)さんです…」

 

北「松村ほ↑く↓ろ→です!」

樹「ほ→く→ろ↑じゃなくて?」

北「ほ↑く↓ろ→です!」

樹「黒子みたいだからという意味ですか?」

北「ん〜〜???」(カワイイ)

 

 

樹「1番うるさい慎太郎を追いかけてる奴は?」

(真ん中から登場)

慎「私の名前は黒デレラ。朝8時になると魔法が解けてしまうのッ」

樹「ずいぶん朝早いんですね」

慎「朝日に弱いのッ」

(ドレスを広げるフリ)

客「フゥ〜〜〜⤴︎⤴︎⤴︎」

 

樹「お前らがそんなことばっかりしてるから俺偉い人に怒られたんだよ!」

樹「君たち全然だめだよぉ(ジャニーさんの真似)」

ジェ「誰に言われたのぉ(ジャニーさんの真似)」

樹「くろーさん。」

樹「だから今日から新入り入るから」

ジェ「し、新入り!?!?!?」(すごいわざとらしい)(かわいい)

 

(大我ちゃんが下手から日記帳を持ってスタスタ登場)

京「黒ーんずとしての新しい日々が始まった。だからきっと僕はずっと一人ぼっちなんだ。だからこのノートを使ってね、あのね、このノートを使ってね、新世界のね神となるー(棒読み&早口)」

※ちなみに会場が\カワイイ〜(><)/ってなるくらいちょうかわいいです、、、

京「黒デレラ、心臓麻痺」

慎「ア゛ア゛ァ゛〜〜〜〜(死ぬフリ)」

ジェ「大丈夫か!?(慎太郎に触る)ア゛ア゛ァ゛〜〜」

 

樹「お前新入りだろ?」

京「あぁ」(めっちゃ態度悪い)

樹「ずいぶん生意気な口の効き方だな」

京「あぁ」

樹「俺先輩だぞ?」

京「あぁ」

樹「お前名前なんて言うんだよ」

京「サディスティック京本(即答)」

樹「黒関係無いんだな」

(口の効き方強いけどオメメがめちゃめちゃ微笑んでてきょもちゃん可愛いって思ってるのがダダ漏れな樹ちゃんカワイイ…)

 

樹「6人揃ったことだし、SixTONES捕まえにいくか!」

皆「オ〜!」

慎「かぼちゃの馬車よ、ゆきなさいッ!」

(最後までキャラブレ0な慎ちゃんがーさす)

 

皆袖からチャリのハンドルだけ持ってくる。

黒ーんずの歌詞はこんな感じ↓↓↓

f:id:oishii_ice:20170810222212j:image

基本的にはこの歌詞で、この歌詞と歌詞の間にSixTONESの悪口ラップ(樹ラップ)が挟まれてる。

樹ラップ

いつでもどこでも大騒ぎ

声はデカすぎ耳障り(慎太郎)

見た目と性格まさに逆

いつもつまらんオヤジギャグ

「ズドン!からのおでん!」(ジェシー)

言うことやること破天荒

見た目は白すぎ不健康(京本)

私服のセンスは意味不明

プライベートは行方不明(北斗)

グループの中では最年長

ダンスのスキルは残念賞(髙地)

イケメン優しいラップ上手い

モテモテカリスマ田中樹(樹) 

自分のことだけ褒める樹ちゃん(´・ω・`)

 

なんとなぁ〜くだけど少クラとかじゃやらない気がする…やって欲しいけど(><)

最高に可愛いストンズちゃん達です!!!

 

18.Jumpin'Up

樹ラップ前の「樹!樹!樹樹樹樹!」コールはもう定番!すっごい楽しい!

 

19.Pray(ジェシーソロ)

少年たち危機一髪(2016)でジェシーが歌ってたあれ!アカペラ。

ジェシーSixTONESにいてよかった…ってこれ聴くとすっごい思う。

高音伸ばすところでマイク左右に振って、声が小さくなったり大きくなったりお茶目なジェシたん

 

19.I got the FLOW(ジェシー、樹)

まじでYABAIZO。2人ともすっごいパリピだしすっごいエロい。樹とか腰なぞっだりする…無理…妊娠する…(?)

 

20.今夜あなたを口説きます(北斗、髙地)

北斗「全身濡らしてあげる(ウィスパー)」18禁。耳が妊娠する。髙地くん可愛い!めっちゃ笑顔!

 

21.SUNRISE(京本大我)

モニターに“作詞作曲 京本大我”って出るのやばい。文字通り大我ちゃんの自作曲。ギターで弾き語り&アカペラで初披露。歌前挨拶有り。

「アイラビュー!(今夜あなたを口説きますに繋げて)」

(会場が次々とピンク色に)

「ペンライトをピンクにしてくれてありがとうございます、すいません」

 

 

「今から作詞作曲した曲を披露しようと思うんですが、2年前、外部の舞台に出演させてもらった時、自暴自棄になるぐらい追い詰められて、でもその時ミスチルさんやYUIさんの音楽に凄い背中を押されて立ち直ることが出来ました。その時に色んな方の力で僕はステージに立ってるんだなと改めて感じて。

 

 実は今使ってるこのイヤモニも手越くんから20歳の誕生日に頂いたもので、このギターも最近父親に貰ったもので。

そうやって助けてもらってステージに立てているので僕も皆さんの力になりたいと思ってこの曲を作りました」(レポを参考にさせて頂いてます)

 

大我ちゃんってあんな感じだけど凄く真面目で凄く努力する人っていうことはみんな知ってるだろうし、歌詞もメロディも凄く良いから、泣いている方も結構いらっしゃいました。私も泣きそうになった…大我ちゃんめちゃめちゃ儚いんです。でも強いんです。

 

歌詞はこんな感じ↓(レポを参考にさせて頂いてます)

f:id:oishii_ice:20170810224931j:image

 

23.愛のマタドール(京本、慎太郎)

慎太郎はステッキを持って、大我ちゃんは和とも洋とも言えない傘を持って、移動する階段の上で歌う。

きょもしんは昔から一緒だからなんか見ていて懐かしい気分に。

愛マタやろうって言ったの誰?褒めてあげたい(><)

 

24.DON'T U EVER STOP

赤西パート→大我ちゃん
亀梨パート→ジェシー
って感じだったかな
これ演出が凄くて、LEDパネルに映る自分の影と戦う。最後の方はSixTONESが踊ってる映像に奥行が出てSixTONESが後ろに何段も伸びていく感じ(伝われ)

この歌めっちゃハマってたから少クラでやって欲しい。要望出そ!!!!!!

 

25.Peak

SixTONESのPeak大好き!樹のオリジナルラップもいいし、ラフに自由に歌う感じとか凄い好き!少クラで前にやってるから、見たことない人は探してみて!

 

26.Rockin'

Rockin'も懐かしい〜(><)

昨日の失敗抱え!明日に向かって拳を掲げ!このbeatで騒げ!楽しい〜!!!!

この曲は凄い盛り上がる本当に昔に6人でやってるから本当に懐かしい(><)エモい。

 

27.NEIRO

NEIROはずるいよ〜!!やるなんて聞いてない!!(言ってない)凄いいい。ここにNEIRO持ってくるあたり本当に天才

後半の高音パートは大我ちゃん

“帰る場所は君が奏でる”の部分は

京本慎太郎→北斗→樹→髙地ジェシー

皆が皆凄く切ない顔で、雰囲気を噛み締めて歌うから凄く心に染みる。

 

 

そしてジェシーの英語でナレーションが流れる。英語の中に

BE CRAZY

この星のHIKARI

IN THE STORM

って入ってて本当に鳥肌。やばい。

最後に

“They are Amazing!!!!!!”

 

28.Amazing!!!!!!

本編ラストはAmazing!!!!!!

最後にAmazing!!!!!!持ってくるあたり本当にSixTONESって天才集団(知ってた)

メンバーカラーの羽降ってくるし、京ジェパート前はステージ暗くなって、個人スポットライト(白)で照らされるのやばくない??

Amazing!!!!!!見たことない人本当に人生損してる。少クラでやってるから見てみて!

 

 

本編が終わってSixTONESが捌けると、Amazing!!!!!!のカラオケみたいなのが流れて、樹に「1.2.3.4.5.6 TONES!」って言って!って言われる。皆で言う!

 

そしたら見学席あたりから登場

 

 

 29.SHOW&SHOW(ENCORE)

SixTONESだけバージョン!めちゃめちゃ楽しい!この曲本当に楽しいけど歌詞か結構攻めてる感じなの凄い好き。Keep onみたいな歌詞よりこっちの歌詞の方がJr.っぽくて好き

カラーボール投げタイム
ゆごじゅり(だったかな…)が反対側のバルコにボール投げてボールの交換してた…爆モテの遊び…

 

そして、今日一緒に頑張った仲間を紹介します!で6人紹介。で捌ける

 

SixTONESSixTONESSixTONES!」

 

W ENCORE(という名の感謝の会(MC))

スト「ざいま〜〜〜す!!

客「ざいま〜〜〜す!!!」

樹「実はさっきのがアンコールなんです」

ジェ「だから僕たち曲用意してないんです」

客「え〜〜〜!」

樹「じゃあ出てこないっていう選択もあったけど??じゅったんずるい

客「やだぁ〜〜〜!!」

ジェ「やだぁ〜〜〜!」

客「やだぁ〜〜〜!」

ジェ「せーの」

ジェ・「見せるからほらこっちに来いよ、checkしとけ俺のすべて」(Amazing!!!!!!の冒頭部分)

スト「おぉ〜〜!」(完成度の高さに驚くSixTONES)

これは今回新たに流行り出したネタ。やだぁ〜!ってジェシーが言ったら、やだぁ〜!って言う。で、Amazing!!!!!!の冒頭部分をやる

ジェ「さっき皆に連絡したから」

スト「(爆笑)」

慎「せっかくだからAmazingのところまでやってよ」

ジェ「やだぁ〜〜!」

客「やだぁ〜〜!」

ジェ「せーの」

ジェ・「見せるからほらこっちに来いよ checkしとけ俺の全て 上げるレベル思うままに Amazing!!!!!!」

会場「フゥ〜〜〜⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎」

髙「俺さっき振付間違えたからみんなの方が出来てると思う」

北「俺具合悪くなったりしたら変わってよww」

 

樹「Snow Manと合同も少年たちもあるし、また遊ぼう!」

客「え〜〜〜〜!」

?「ちょっと静かにしてもらっていいですか?」

北「いい子にしてればまた会えるから」

樹「じゃあそろそろ締めますか」

ジェ「じゃあ皆さんペンライトを置いて拳を掲げて」

ジェ「せーの」

全員「ズドン!!!!!!」

 

 

終わりは安定のズドン!です。

 

今回のSixTONES単独、贔屓目なしで本当に良かったと思ってます。大我ちゃんが、曲の繋がりがどうも気にくわなくて直前で組みかえた

って言ってたように、繋がりとかも凄い考え込まれたセトリだったし、なにより個人がやっぱり魅せ方うまいなぁと思いました。しかも彼ら前編生歌なんですよ。文字ではこの凄さは伝わらないと思いますが、全部生歌を1日3公演やるのって本当に大変だと思うんです。

でも生歌だからこそ、歌の部分を煽りに変えたり、替え歌出来たりするんです。

しかもヘッドセットがずれたりしてると音量小さくなっちゃったりして、でもそれが“生”なんですよ…。SixTONESは基本的には少クラでも生歌です。今回のEXはイヤモニをしていましたが、少クラではしてません。イヤモニ無しで生歌を披露するのって、計り知れないほど大変なんだそうです。そういう些細なこと報われてほしい。。

煽るのも凄く上手くて自然と盛り上がるし、締まるときは締まるし。真剣に歌ったり踊ったり、真剣にふざけたり…

 

MCでは誰かスベっても必ず笑いに変わるし、個性があって、いい意味でバラバラで。話がどんどん変わっていくのに面白いのはSixTONESの才能だと思います。両端で軌道修正してくれるほくじゅりに感謝です。

 

そうやって楽しそうにしてるSixTONESを見ると、どうかこの人たちの夢が叶いますように、報われますように、って本当に思います。

 

そしてSixTONES担が本当に最高。声出すところは全力で出してくれるから、場が凄く盛り上がるし、MCの時も積極的に反応する。でも変にガヤ入れる人はいない。盛り上がるところは盛り上がって、落ち着くところは落ち着く。そして何よりマナーがいい。

 

SixTONESの単独があんなに楽しかったのは、SixTONESSixTONES担、どっちの力でもあったと思います。

 

偉そうに長々と綴ってしまい申し訳ありません(><)

またSixTONESSixTONESだけでステージに立って、その姿を見せてくれる日を楽しみに

しています。

SixTONES最高!!SixTONES担最高!!

 

 

ズドン!!!!!!

キントレSixTONES単独8/3昼公演レポ 前編

キントレSixTONES単独8/3(最終日)昼公演のレポをしていきたいと思います(><)

 

によってはコメント入れたり、MCは驚異の30分でしたので、2回に分けたいと思います!今回はMCまで。拙い文書ですが是非!

 

---------------------------------------

まず、会場に入ったらBGMとしてオリ曲が流れてる。他のグループのレポを見ると、他のグループはそうとも限らないみたいなのでこれもSixTONESの粋な計らい!?

この時点で超エモい、、、

 

開演直前になると突如はじまるSixTONESコール!「SixTONESSixTONES」(スト担最高かよ)

 

証明が消えるとジェシーの英語アナウンスが流れる

今回のテーマは音、光、影

SixTONESは影(黒ーンズ)に追われてる

影と戦うみたいなストーリー

 

セトリはこちら↓↓↓

f:id:oishii_ice:20170808172646j:image

f:id:oishii_ice:20170808172651j:image

1.IN THE STORM

OP曲は東西SHOW合戦に続きインスト。

マンションの小さいバージョンみたいなのに、1人1人高級感のあるソファに、胡座かいたり足くんだりして座ってる。圧倒的帝王感。

しかもに繋がれてる(墓)本当に絵面が強すぎて…各々縛られてるような動きはするけどほぼ動かない。と思ったらマンションごと前に出てきた!!やばい。その後ソファから降りて踊る

SixTONES✕鎖=やばい

マンション位置↓↓↓

f:id:oishii_ice:20170808174215j:image

 

2.BE CRAZY

間奏の銃撃戦は健在!やっぱ楽しい!!

 

3.BRAVE SOUL

東西の時にやってたあの如意棒のやつ!

8/4放送の少クラでやってるから見てみて!

ジェ「そっち行っちゃうよ〜!」でバルコに来る

「Brave!Soul!Brave!Soul!」楽しい〜!

“over red zone ”の歌詞は、車のメーターの赤いところ(超スピード)までぶち上がっていこうぜ!って意味らしい。なるほど。

 

4.P・A・R・A・D・O・X

京ジェがハモる時向かい合ってるのやばかった…

 

5.3D Girl

久しぶりの3D Girl やっぱりイイ

 

6.Drop the beat SixTONES

樹ラップのみ

「せいぜい頑張れNo.2!」スト担で言うの楽しい〜!楽しすぎる

 

7.FOLLOW×Hair

北「Hair」京「Now FOLLOW FOLLOW」慎「Shh...」唐突に来るから本当に心臓に悪いけど最高にエロくて最高。

3vs3方式で

Hair→北慎髙

FOLLOW→京ジェ樹 (だった気がする…)

 

8.THE D-MOTION

お世話になってるDモ!!何回見てもやっぱいいSixアンドロイドTONES

 

9.WHY

京ジェ曲。東西で初披露した京ジェ曲2曲目

2人で作詞

クラスタジオ収してるはずだからいつか放送されると思う!

切ない曲。あの歌唱力であんな切ない歌うたわれると心にくる、、、安心と安全の京ジェ

京ジェの歌は生で聴くと本当にやばいから皆生で聴くべき

歌詞を一部抜粋すると

「少しずつ狂いだした僕らの歯車」「君を引き止める術はないの?」「この痛みを消してよ」

 

 10.1for you

懐かしい…この曲やりたいって言ったの誰だろう…褒めてあげたい…

京ジェだけじゃなく4人も歌が上手いから、SixTONESはどう分かれても安定感が凄いと身をもって感じた

 

11.この星のHIKARI

みんな大好きこの星!!イントロのWOW WOW...はもちろん大合唱!Cメロ大我ちゃんの「どうしてだろう yeah」のyeahも一緒にやる!

 

大我ちゃんのパートの時、大我ちゃんに手振る慎樹可愛い…それに手を振り返す大天使大我りん(><)嬉しそうにする慎樹…平和だ…

 

落ちサビはもちろん観客のみで大合唱。

イヤモニ外したりマイク向けたり、そして皆顔が幸せそう。ストンズの幸せそうな顔見ると嬉しくなっちゃうよね…

 

  【MC】

30分間です(ここ重要)ちなみにオーラスは45分。史上最長記録樹立。スタッフさんが袖でOPに使ったソファに座ってるらしい(爆笑)

 

全部覚えてないので、時系列もバラバラだと思いますし、一部分そしてニュアンスですがお許しください(汗)話の切り替わりはハイフンでわかるようにします!(思い出し次第追記していきます)

 

 

ジェ「盛り上がってますか」客「イェーイ!」ジェ「盛り上がってますか」客「イェーイ!」ジェ「盛り上がってます!」

始まり方は安定の「盛り上がってます!」

 


北「OPで鎖に繋がれて止まろうってなったときしびれたよね」

樹「お客さんがシーンってなったらどうしようってね」

慎「でも歓声凄かったよね」

樹「俺ら今かっこいいんだろうなあって思いながらやってた」

北「どうですか?みなさんかっこよかったですか?」

客「イェーーーーイ!」

ジェ「ワカルゥ!」

Six意外と小心者TONESかわいい

北「あと始まる前とか名前呼んでくれるの嬉しいですよね」

樹「嬉しい嬉しい」

北「嬉しいんだわ」wwwww

慎「あとSixTONESSixTONESって言ってくれたりね」

ジェ「嘘?全然わかんなかった」

北「嘘だろ?コイツ裏で一緒にSixTONESSixTONES!ってやってたぞ」

ジェ「(照れる)言うなよ〜〜!」

ジェシーちゃん可愛い。・°°・(>_<)・°°・。

北「呼ばれてるのお前だから!」

それwww

 

北「MC中ももっと声出してくださいね!一緒にやりましょ!」

髙「一緒に歌ったりできたらいいですね」

慎「参加型MCみたいなね」

北「ちょっと気になったことがあるんですけど」

北「さっき俺一緒にMCやろうって言ったのに髙地が歌ったりできたらって言うの」

樹「俺もそれ気になったー!!!」

北「だよなあ!?!?」髙地くん(*´꒳`*)

髙「京本もまあまあ強いけどね」

京「あぁ〜、でもSixTONESけっこう皆強くない?」

北「田中wwwwwww」

樹「田中けっこういるなぁ…(笑)」

北「どこのクラスにもいるよね」

慎「(時間差で)あ、いるねえ!」

慎「ジェシーって名前強くない?」

樹「ジェシーって海外では女の子に多いんだよね?」
ジェ「そうそう。でもスペル違う。入りたてのころは結構間違えられてたから直してもらった。俺はJesseだから」
慎「ジェッセだね」
一同爆笑

樹「確かに俺最初そう読んじゃうかも!」
北「なんか福岡マリンメッセみたいだね」

ジェ「なんですか?」

北「いいだろ!!」

慎「(太い声で)ジェッセ!!」
北「なんかカフェとかでジェッセ1つ下さい!とかオシャレじゃない?」
ジェ「こちー!こちー!」
(突然こちー!こちー!っていうのが最近流行ってるらしい)
?「お前今聞いてた?何話してるかわかる?」
髙「ごめん全然わかんない」 (爆笑)
髙「あ、カフェでジェッセって〜みたいな話でしょ」
樹「そんな話してねえし!」
北「平気で嘘つくじゃん!」
髙「やっぱ北斗は優しいよ」
はいはい、ゆごほくゆごほく(微笑み)

 

樹「髙地とジェシーの楽屋から五分おきぐらいにこちー!って聞こえてこない??ww」

皆「聞こえてくるww」

髙「ジェシー全然寝かせてくれないの!」

髙「あ、でも今日ちょっとだけ寝かせてくれたの!」

ジェ「違うんだよ。お笑いの動画見てて、この人たちは

こうこうこうなんだよって話してて、髙地の方見たら(寝てる真似)。こちー!も出なかったよね」

会場爆笑wwww

髙「樹本番15分前くらいにならないと見かけない」

京「どこにいるの?」

樹「ヘッドホンつけてマッサージチェアにいる」

京「ああ、いるね」

ジェ「なんでヘッドホンしてるの?」

樹「だって五分に1回こちー!って聞こえてくるんだもんww」

皆「なるほどwwww」

髙「慎太郎なにやってんの?」

慎「サバイバル動画見てる、海外のやつ

髙「なに?黄金伝説とかに備えてんの?」

樹「ああ知ってる!なんか色々作るやつね!」

京「慎太郎の見てるその動画から英語が流れてきて俺ミスチル聴いてんの。英語とミスチルが一緒に流れてんの、世界初のコラボだよねww」
会場「wwwwwwwwwwwwww」

慎「凄い独特な空気感。独特って言いにくいなぁ」
京「で、本番前メイクとかする時は慎太郎も一緒になってミスチル歌うの」

ジェ「誘われてないんだけど」

京「昨日もこれ言われたけど何て返せばいいの?」

ジェ「笑って終わりでいいの」

京「そうなんだ」

慎「笑えないよ、面白くないもん」wwww

らしいよ→らしいよってどんどん隣に話が回っていく。1番端の北斗

北「いや俺知らねえよ??」www

樹「北斗分厚い本広げて勉強してるよ」 

北「俺がパソコンやってて後ろのソファで樹が寝てるあの時間いいよね」

客「フゥ〜〜〜!!!」

樹「この前パソコンやってる北斗がさ、ああ!やっちゃった!最悪どうしよう!って北斗が叫んでて、なんか1000字くらい消えちゃったんでしょ?」

北「そうなんですよ。1000字くらい選択して、コピーしようと思ったんですけど、間違えて削除しちゃって」

客「あ〜〜〜〜〜↓↓↓」wwww

ジェ「わかる俺も一発芸とか消えるとウァ〜!ってなる」

一同「!?!?!?」

樹「お前ネタ1000個もあるのかよwww」

ジェ「20個くらい…」

京「それでも十分多いけどねww」

北「そんなアイドルいるかよww」

ジェ「ここにいるよ!」wwww

 

ズドン→運動会の時ズドン出来た の話の流れ

北「いつかドームで出来たらいいね」

客「フゥ〜〜!!!」

慎「そしたらずっとMCでしょ?」

一同「wwwwwwwwwwww」

樹「OPでドーン!って登場して、どうも〜ってwwww」

北「でもドームだからトロッコとか使おうよ!ww特効とかもバーン!ってwwww」

 

 

慎「アメトークの〇〇芸人とか面白いよね」

「♪<バインバインバインバイン!(テーマソングかなんか?)」 

ジェ「それこそ〇〇Jrみたいなの昔あったよね」

皆「あー!あったあった!」客「あ〜!」

髙「俺普通に京本に運動神経悪いので出て欲しいんだけど」

皆「あ〜!」

樹「だってあれ出てる人の気持ちわかるんでしょ?

京「うん、わかる」わかるのwwww

京「それこそこの前雑誌の取材でストラックアウトある場所行ったじゃん?あの時に俺本当に投げられないんだなって思った」

髙「だって人生初バッティングセンターだったんでしょ?」

京「そう、バットも初めて握った」

客「ええ〜!!!」

京「しかもあの時、ちょっと当たる時もあったじゃん、だから俺結構イケてるな〜って思いながらやってて本誌見たらめっちゃへっぴり腰なのwww」

樹「へっぴり腰だな〜って思いながら見てた」

京「皆何も言わないから俺めっちゃ綺麗なフォームだと思ってた」

きょもちゃんかわいい。・°°・(>_<)・°°・。

北「それね、俺も出れる(挙手)」

北「この前そのバッティングセンターでまあまあ球数やったけど1回も当たらなかったもん」

髙「北斗ってさ、アクロバットとか自分の身体使う運動は出来るけど物持つとだめだよね」

北「そう、人も物と一緒」

wwwwwwwwwwwwww

慎「言葉とかつよいよね」

北「言葉は凄いよ〜?ペンは剣よりも強し」

慎「キンキの堂本は剛」

客「フゥ〜!!!!」

ジェ「それ俺が言いたかった〜(`_´) 俺が言った方が盛り上がったもん」

慎「先に言わないのが悪いよねっ」

ジェシーちゃん不憫(´・ω・`)

 

ジェシーがこの前剛くんと連絡とった話から

樹「俺だってたまに山口さんと電話するもん」

(この日は山口さんがお子さんを連れていらっしゃってました)

樹「山口さ〜〜ん??(電話するフリ)」

山「はい!(電話出るフリ)」

皆「ノッてくれた!wwww」

樹「山口さんのBraveSoulのノリ方やばかったよねww」

ジェ「しかもも俺らが踊りやすいように椅子に足上げてくれて」

皆「ありがとうございます(ペコペコ)」

その後山口さんがJwebにて見学のことを書いてくださいました。「正直かっこよすぎて嫉妬した」「SixTONESの応援もお願いします!」と、SixTONESのペンライト2本(お子さんが持ってた)の写真を添えて。素敵すぎる(><)ありがとうございます!!!!(誰)

 


樹「昨日さ、わたから電話かかってきてさ、見学来ないの〜?って聞いたら、」

北「ヴァサイェガ渉ね」

伝わるようにフルネーム言ってくれる北斗くん(><)

樹「そしたらさ、まじ最悪ぅ〜明日行く予定だったのに仕事入って行けなくなっちゃった〜じゃあね!で切られたのwww」

ジェ「渋谷のギャルみたい。まじ最悪ぅ〜109でバイトぉ〜」wwww

慎「俺も猪狩からLINE来てさ、」

樹「俺も来てた!」

慎「慎太郎くんごめんなさい汗まじで行きたかったんですけど仕事なんです汗僕まじでくろーんず見たかったんですけど汗って。」

北「猪狩黒ーんず知ってんの?(笑)」

慎「そうwww何で知ってんのって怖かったわww」

京「まあまあのネタバレだけどねwww」

慎「(まだやってないことに気付き崩れ落ちて座り込む)」

無意識にネタバレしちゃう慎ちゃんかわいい。・°°・(>_<)・°°・。

ジェ「大丈夫、皆耳栓してるから」(これも最近流行りの耳栓ネタ)

北「じゃあ耳栓は外して頂いて」

 

樹「現場無かった間はバックとかつかせてもらって」

皆「ありがたいですね〜」

客「(拍手)」

亀と山Pのバックについた話で

京「亀梨くんとか汗ビショビショになってTシャツ着替えたりするまでやるの!俺らもまだまだガムシャラにやらないとなって思ったよね」

京「からのこれだからね!(例の足捌き)」

髙「あとジェシーの足上げねwww」

樹「俺ってほらちょっとあれじゃないですかぁ、足が短め…だから気持ちは膝が頭にあたるくらいのつもりなんですけどね…」

一同「wwwwwwwwwwww」

※これについては亀と山P2週目のMステを参考に

バックの話が続き…

京「ミニステ出られたの嬉しかったよね!!」

慎「話題になるの嬉しいですよね。」

北「SixTONESで出たいですね。この星のHIKARIとかAmazing!!!!!!とかやりたい」

テレビでやるならこの星とAmazing!!!!!!ってメンバーとオタクの意見一致してるの最高かよ

 

 

テレ朝前の黄色いドラえもんの前で集合写真を撮った話

樹「あそこで写真撮ったんですよ」

ジェ「近くの人にカメラマ頼んで」

ジェ「その写真が(モニターを指す)なんと!出ません!

(もちろん映らない)

ジェ「嘘ですよ?」

客「えぇ〜〜!!!!!!!」

慎「これでSixTONESとペアルック〜♡って写真撮ってくださいね」

一同「!?!?!?」

 

SixTONESが黄色いドラえもんの前で写真を撮ったとわかった日から黄色いドラえもんの前は大混雑。警備員が配備するほど…さすがスト担ヤクザ卍

北斗くんがクレヨンしんちゃんのところに行きたい話

 

?「さっき行こうとしてたよね」

北「そう、公演の合間に行こうとした」

樹「マネージャーに止められてたwwww」

北「(マネージャーが)北斗、冷静に考えて ってww俺行きてえよ!!」

北斗くん。・°°・(>_<)・°°・。

慎「じゃあこの後みんな(ファン)と行ってくれば?」

北「ちょっとそれは遠慮しときますぅ〜」

wwwwwwwwwwwwww

ここで慎太郎がしんちゃんの真似をする

京「まあまあいける(真顔)」

慎太郎のモノマネにボウちゃんの真似で返す北斗。ボウにつられる慎太郎。かわいい。・°°・(>_<)・°°・。

髙「今日もSixTONESは平和です」

おじいちゃん☺️☺️☺️

樹「俺らほんとにまじで素でMCやってるよね」

(この時樹は大我りんに向かって喋ってた)

京「どうしたの?wwそんな俺のこと見て」

樹「いやきょも喋ってないなって。俺きょもと喋りたいの。皆もきょもの声聞きたいよね〜?」ハイハイきょもじゅり☺️☺️

客「聞きたーーーい!!」

京「え、聞きたい?ん〜〜…(空白の時間)なにしゃべろっかなぁ(ひらがな喋り)」

客「か〜わ〜い〜!!!」

京「(照)」

きょもちゃんって本当にかわいいよな…

確かこの後に質問コーナー的な感じで“メンバーの好きなところ言い合ってください”ってのがあったんだけど、激エモ&長いのでここの部分だけ次に回します〜!

 

なるべく早く更新するつもりですので、その際は是非見てください♪

ここまで読んでくださりありがとうございました♡

 

 

京本大我くん、入所11周年おめでとう

今からめんどくさい京本担が、(読んでもらえるはずはありませんが)大我くんに向けてダラダラとまとまりの無い文章を書きます…

文脈も言葉遣いもグチャグチャだと思いますがどうか許してください( ;  ; )

 

 

京本大我くん!入所11周年おめでとうございます。


11年間同じことを続けるって本当にすごいよなあ…
ハワイのお店の写真を見たジャニーさんのスカウトで、KAT-TUNのデビューコンサートにいきなり出るっていうシンデレラボーイのようなデビューを果たして、チビの頃の慎太郎とセンター張ってる時代から今まで、相当色々なことがあって辛いこととかも沢山あったんだろうなあって思うと、11年間頑張ってきてくれて本当にありがとう。って言いたい。

そして私を、大我くんのファンでいさせてくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。

 


大我くんは、お父さんが凄く立派な方だから、それで悩んだこともあったんだろうなあ。実際にジャニーズJr.の小箱で

 

何をしても父の名前が先に出てくるのが嫌で、中高生の頃は自分の境遇を恨んでさえいました。

って言ってた。

 

でも、

 

高校を卒業した年、舞台で父と初めて共演しました。立ち回りをこなす父を間近に見て、芸能界の先輩として尊敬の念が大きくなりました。この共演をきっかけに2世であることの抵抗がなくなりました。

ただ、全然気にならないという訳ではありません。昨年のミュージカル「エリザベート」では、オーディションに受かって出演が決まったにもかかわらず、「2世だから」という声が聞こえてきました。

そこでプラスに考えてみました。

「逆に、いいものを見せれば大逆転ができる」って。

こう言ってた。

いつからか、大我くんは「2世の宿命受けて立つ」「京本政樹を超える」って言うようになった。これらの言葉を言えるようになるまで、どれほどのことを乗り越えてきたのか、私達一般人には到底理解できない。

ただ、それが相当大変だったんだろうなとは思う。それを考えると涙が出そうになる。最高にかっこいいよ、大我くん。

 

この前、TV誌かなんかで、「サラブレッド越え」って言ってもらえて、ついに!って思ったし、贔屓目もあるかもしれないけど、大我くんにはそれだけの実力があると思ってる。

だって、エリザベートの再演であれだけの絶賛を得たし、2016年の働きっぷりを見ればわかる。


こんなこと言ったって、私はファンに過ぎないし、こいつ何言ってんだって思われるかもしれないけど、大我くんの生き方は最高にかっこいいし、大我くんにしか出来ない事、たくさんあると思ってます。

 

 

誰も挑戦したことのないエリザベートの世界に自分から1人で飛び込んだり、歌を磨いたり、本当に凄い。
でも大我くんはそれを「ファンのお陰」って言ってくれる。どこまでいい子なんだ??

大我くんの座右の銘「有言実行」

そしてとてもストイックで努力を怠らない

 

以前連載をして頂いていたシアターガイドさんも、

忙殺されてもひたむきな努力人でいることが、秀でた舞台人を育むこだと、勝手なる親心から嬉し涙が出そうになった。

ストイックで繊細だが意外と天然なのが京本の魅力だと感じていたが、そこに十分大人びた客観性、積極性が培われた今の姿はさらに眩しい。

 

と言ってくださっている。

 

SnowManの渡辺翔太くんも

いざ、大我が稽古に参加すると空気が一気に変わる

と言ってくれている。


大我くんがミュージカルで聴かせてくれる歌声を知ってるから、テレビとかで聴く歌に期待しすぎちゃうのも事実だけど、「やっぱ大我くん歌上手いね」って周りに言ってもらえた時は、飛び跳ねるほど嬉しい。

だからこれからも大我くんの歌がたくさんの人の心に響いてほしいし、大我くんの武器にし続けて欲しい!

 

そして、大我くんがSixTONESに出会えて本当によかった。

気のせいかもしれないけど、2016年、ソロの仕事が多かった分、最近の大我くんは6人での仕事を1つ1つ楽しんでいるように見える。

SixTONESは特にグループ意識も強いし、自分の役割も、グループの方向性も全員一致してわかってる。大我くんがたまに見せる奇行も暖かい目で見守ってくれる。

そんな素敵なメンバーに出会えて本当によかった。

 


安井くんも言ってたけど、大我くんは、「頑張れ」って言わなくても自分のやるべき事をわかって勝手に頑張れる人。頑張って下さい!とは言わずに、感謝したいと思います。

 


いつも素敵な姿を見せてくれてありがとう!京本担じゃないと経験できないことを経験させてくれてありがとう!ファンのことを思ってくれてありがとう!頑張ってくれてありがとう!歌ってくれてありがとう!今日まで11年間、ジャニーズでいてくれてありがとう。12年目も宜しくお願いします。これからもSixTONESと一緒に、まだ叶えてない思い描く夢の景色を見せてください(^^)

顔がかっこよくて、美しくて、白くて、手が綺麗で、歌が上手くて、ダンスも綺麗で、いい意味で度胸があって、たまに可愛いところ見せてくれて、ぶっ飛んでる所もある大我くんが大好きです。

 

11年間、歩いてきた道は正しい道だけではなく、間違った道もあったかもしれないけど、11年間頑張り続けてることは、絶対に正しい道です。

大我くんの頑張りを、見てる人は見てます。伝わる人には伝わってます。だからこれからも、腐らずに。

 

 

京本大我くんは、大好きで、尊敬する人です。

ありがとう。


2017.05.04

SixTONESの沼にハマってみませんか?③後編

①②③前編の記事はこちら↓↓↓

SixTONESの沼にハマってみませんか?① - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

SixTONESの沼にハマってみませんか?② - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

 SixTONESの沼にハマってみませんか?③前編 - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

 

後編です!!

 

京ジェ

別名:きょもじぇ、きょもじぇし、大シー

京本大我ジェシー

 

SixTONESの歌うまコンビ。ツインボーカルSixTONESに留まらずジュニアのトップボーカル(だと私は思っている)

 

この2人は、グループを大きくしようと行動に移すタイプ。先輩のコンサートや舞台には一緒に見学に行くし、ご飯もよく食べに行く。曲も一緒に作る。(僕らの朝、why)

 

お互いのことを認め合ってる。だからこそ歌った時の声が合うし、お互いのアドリブやトラブルにも対応できる。ジェシーは英語の発音をキレイに歌えるのがいい」「大我の歌の上手さはいつも一緒に歌ってるとよくわかる」(号泣)

最近、ふとした時の動きがシンクロするようになってきた。

 

という面を見せつつ、SixTONES日本語不自由コンビジェシーは姫に対して“こいつのことなら俺がよく知ってる感”を出してくる。好き。

 

身長差が約10cmあるせいもあるけど、否めないカップル感。別にベタベタしてる訳じゃないけど、ふとした時に仲の良さが垣間見える。

モシモノふたりに出演した時の映像を見るとよくわかるよ!!

 

 

 

きょもしん

別名:京慎 etc.

京本大我森本慎太郎

 

小さい頃から何かと一緒に頑張ってきた2人が立派に成長しました(泣)

けんかも沢山したけど、今では仲良し。SixTONESの兄弟ポジション。

年齢的には姫が年上だけど、この2人を一緒にすると慎太郎の方が上に見える(気がする)

「見てると微笑ましい」「癒される」

 

チビ時代は本当によく喧嘩した。

昔のきょもしん→(誰もが通るトンガリ時代の大我ちゃんが)お腹空くと慎太郎にあたる。そして喧嘩。

今のきょもしん→(クリエ本番前に慎太郎が大我ちゃんのお弁当をひっくり返す)お腹空いちゃうけどしょうがない!本番頑張ろう!

 

大我ちゃんのお弁当ひっくり返しちゃった慎太郎可愛い( ;  ; )

 

大我姫は慎太郎をいじるのが大好き!!

 

 

 

ほくじゅり

別名:じゅりほく etc.

田中樹松村北斗

 

SixTONESの爆モテコンビ。そしてMC進行と軌道修正係。けど2人とも実はボケたい。

 

SixTONESで唯一の同世代コンビ。しかも誕生日も3日しか違わない。

普段は物静かな北斗も、樹と一緒になると奇行に走ったりする。下ネタ言ったりする。慎太郎を混ぜれば放送禁止用語ばっかりだと思う(願望)

同世代良き( ;  ; )

 

この2人に学ラン着せたらマジ無敵。爆モテにも程がある。距離感がバカ。好き。

 

北斗くんは樹のこと大好きすぎ。北樹大好き。ガムパのジェシー以外の5人公演の、ハルカナ約束とかジャピナ見るとそれが良くわかるから見てみて!

 

 

 

J2

別名:じゅりジェシ

田中樹ジェシー

 

JuriJesse“J2” 前に何かの雑誌で自分たちでつけた。

昔はHipHopJUMPというユニットで一緒に活動してた。Rの法則も一緒に出てた(現在は2人ともOBとして活動中)

BLコントを一緒にしたり、パンケーキ作ったり、TGCのランウェイを一緒に歩いたり。色んなことを2人でやってきたよ!Rの法則ありがとう!

 

ジェシーは樹に凄く甘える。Rの法則の2本撮りの日、1本目から撮影のジェシーと2本目からの撮影の樹。ジェシーは俺がいないと何も出来ないの。“樹早く来て〜”“寂しいよ〜”ってメール来た」

樹もジェシーのことが大好き。

ジェシーに初体験全部奪われたい(は?)(好き)

 

Rの法則何で終わっちゃったの〜〜( ;  ; )

 

 

 

しんじゅり

別名:あんまり聞いたことないかも!

田中樹森本慎太郎

 

SixTONESのヤンチャコンビ。“某”を付けたがる。MCの時はTwitterネタをぶっ込んでくる。ヒヤヒヤするけどそれが慎樹。

 

パリピ。フープピアス万歳\(^o^)/

一緒に美容院行って一緒に髪の毛を染めたりする。仲いいかよ。

 

この2人の会話はほぼ下ネタそう(願望)

でも2人とも実は熱い男。眩しい。

 

大我ちゃんに甘い男2人。それでいい。好き。

そしてマザコン「じゅったん仕事終わったよ〜〜!これから帰る!愛してるよ、ママ♡」

「ママ!今日はご飯食べて帰るからいらない!」(実際はお母さんのこと“おかあ”って呼んでるらしい)

 

この前、HiBをお高めな焼肉に連れて行ってあげたらしい。慎樹が先輩してる( ;  ; )

 

 

 

北ジェ

別名:こちらもあまり聞いたことない…

松村北斗ジェシー

 

バカレア時代から分裂期を経てSixTONESになるまでなってから、ずっと一緒。

物静かで1人が好きな北斗が心配なジェシー

北斗がメンバーとご飯行ったりすると雑誌で報告する。「北斗が最近よく喋る!」など。

 

ジェシーのボケを拾って鋭くツッコむ北斗。良き北ジェ。

 

ガムシャラの慰安旅行ではソフトクリームをナチュラルにシェア。

ジェシーは北斗の“友達少ないネタ”が大好き。あちこちで言う。

 

ジュニア祭りのチャンカパーナでは「♪ チャンカパーナ」の所でジェシーが北斗の頬を小指でグリグリするという何とも良き北ジェ

 

 

 

北慎

別名:またまたそんな聞いたことない(^^;

松村北斗森本慎太郎

 

達也哲也〜( ;  ; )この2人が並んだら達也哲也を思い浮かべる以外無い。バカレア最高!バカレアから始まったSixTONESを語るには達也哲也が必要。

 

最強に熱い男と最強にクールな男。

このポジションはSixTONESになった今でも変わっていない気がする。

 

2016年のクリエでは、白と黒の衣装で2人でtornを歌いました。北斗の色気のある声と、また別の種類の色気がある慎太郎の声。そして繰り返されるアクロバット。良き北慎。

何とも言えない安心感と安定感。

 

 

 

 

ジェシ

別名:ジェ慎、末ズ

ジェシー森本慎太郎

 

SixTONESの末っ子2人。SixTONESへの愛が重たすぎるコンビ。

甘えたさんな年下2人、可愛すぎる。

2016年のサマステでは2人で「Double Up」を歌いました。両サイドのバルコニーで手を振り合って楽しそうに歌う2人は沼。

 

構ってちゃんな2人はメンバーによくイジられる。末っ子2人に見えない貫禄がある2人だけどちゃんと年下らしさもある。

北斗曰く「好きな子誰〜?とか聞いてくると年下だなあって思う」

 

でもそんな2人が年上4人は可愛くてたまらない。ご飯に誘われても断ったり、グループメールを既読無視したりするけど、実は大好き。

 

 

 

 

SixTONESのコンビ編はこれで以上です!

どうでしたか??SixTONESって沼でしょ?(n回目)

 

SixTONESの関係性を知るにはやっぱり雑誌とかの対談を読んだり、実際に現場に足を運んで、SixTONESのMCを体感したりするのが良い!楽しいよ!!

 

困ったことに、ランキング付けられないぐらいどのコンビもいいんです。それがSixTONESです。(しかもああ見えて真面目で小心者の集まり)

 

3弾に分けてお送りしてきた「SixTONESの沼にハマってみませんか?」シリーズも今回で終わりです( ;  ; )

SixTONESを知りたい方の役に少しでも立てていたら幸いです。ハチャメチャな文章と文脈にここまでお付き合い頂きありがとうございました!

 

そして最後に…

 

SixTONESの沼にハマってみませんか??

SixTONESの沼にハマってみませんか?③前編

①と②の記事はこちら↓↓↓

 

SixTONESの沼にハマってみませんか?① - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

SixTONESの沼にハマってみませんか?② - 俺たちは違う形で売れていく!!!!!!

 

今回はSixTONESのコンビ編です!

SixTONESってどのコンビにしても、安定感あるんですよ。「このコンビ珍しい!」ってのが無い。強い。そりゃ沼だわぁ〜!(軽いステマ)

 

こちらも私の主観となっておりますので御手柔らかに( ;  ; )

 

今回はとりあえず年齢順に7ペア!

 

きょもゆご

別名:ゆごきょも、京ゆご etc.

高地優吾京本大我

 

SixTONESを年齢順に並べて上から2人。

つまり平均年齢最高コンビ。23歳と22歳

おじいちゃん。若い4人が遊んでるのを傍で見守ってる感じ。(はたまに奇行に走る)

趣味がおじいちゃん。お寺巡り、御朱印集めに盆栽。おいおい大丈夫か?大丈夫です。

 

エ゛ッ!!優吾が誰かのこと抱き寄せてる!

エ゛ッ!!優吾が誰かのことバックハグしてる!

と思ったらその相手はだいたい京本大我です。

付き合ってんの?

2回目の少クラ生放送の2回目の生電話コーナーとか、塚濵の楽屋訪問SixTONES2回目の2人に注目しとくと見られるよ♡

 

でも仕事の話もよくする。優吾はいつも「京本はああみえてよく考えてる」って言ってくれる。よき年長組。

 

 

ゆごじゅり

別名:じゅりゆご etc.

高地優吾田中樹

 

イジリたがりな樹に遊ばれるおじいちゃん。微笑ましい。

SixTONESリアコSixTONES爆モテ

この2人の歌声めっちゃずるい。

 

ボイパラップ。2016年のサマステで、Rap&Beatって感じで、一曲やったんだけど、なにこのハイカーストな世界!!って感じだった。

 

樹が優吾を呼ぶ時、「こうち〜」じゃなくて「こぉちぃ〜」って感じなの(伝われ)めちゃめちゃ良い。

 

 

ゆごほく

別名:あんまり聞いたことないかも!

高地優吾松村北斗

 

元B.I.Shadowの2人。優吾が入所してから何だかんだずっと一緒。腐れ縁とか本人達は言ってるけど、何にも言わなくても分かり合える仲とも言っている。

一言で言うなら“長年連れ添った夫婦”

 

この2人はなんだか安心する。近すぎず遠すぎずな丁度いい距離感。

たまに見せるゆごほく感(は)がたまらない。

 

滝チャンネル「SixTONESかぶっちゃダメよ」のチャームポイント編で「耳」と答える北斗。意外な回答に「いや、でも髙地これ知ってると思う」こんな感じ。(伝われ)

 

北斗は優吾に辛口

 

 

ゆごジェ

別名:ゆごジェシジェシゆご etc.

高地優吾ジェシー

 

はいはい、ゆごじぇ。SixTONESのカップル(違います)

相思相愛。優吾は美容院終わりのジェシーを迎えに行くし、旅行だって一緒に行く。チーム マイナスイオン。距離感がバカ(褒めてる)

 

この2人の絡みをスト担が見ると「はいはい、ゆごじぇ」ってぐらい2人の濃すぎる絡みは日常茶飯事。

2016-2017のジャニーズカウントダウンは2人で仲良く観覧席に。地上波でゆごじぇの年越しデート見せつけられました。

そのあと実家に一緒に行ったらしい…夫婦かよ…

ジェシーは「こーち」じゃなくて「こーchi」って感じの発音(伝われ)

 

「俺とこーちはお風呂の時もずっと喋ってるよ!」と人の対談に割り込んでくる。はいはい、ゆごじぇ(^o^)o

 

 

ゆごしん

別名:しんゆご、爺孫 etc.

高地優吾森本慎太郎

 

SixTONESの最年長と最年少。

この2人の対談は本当に泣ける。SixTONESを上からと下からで上手く挟んで支えてくれてる。

 

「高地がいると安心する」「一家の大黒柱みたい」

「グループのことを一番に考えてくれてありがとう」「元気がない慎太郎は見たくない」

 

SixTONESの最年長と最年少がこの2人でよかった!!グループの最年長と最年少がSixTONESを熱く語るグループってめっちゃいいグループだと思いません?(圧)私は思います(聞いてない)

 

「ねえねえ高地〜!」「なんだよ慎太郎〜(笑)」

って感じなの本当に良き爺孫( ;  ; )

 

 

 

きょもじゅり

別名:京樹 etc.

京本大我田中樹

 

きょもじゅり〜〜( ;  ; )って感じ。(は)

キキララです。リトルツインスターズです。

2016年のクリエではピンクと青のパステルカラーのオソロイ アコギでEden歌ったよ(ごうなき)

ギターを弾く樹を見守るような目で見る姫、からの2人でハイタッチ。

 

距離感がバカ。姫の奇行に振り回される樹。満更でもない。ならいいや♡

「樹の髪の毛を1本抜いて〜夢のように醤油をかけて食べまーす♡」「(ニコニコ)」

「樹が俺を飼ってると思われてるかもしれないけど、実は俺が樹を飼ってるの」「そうなんだ(照)」 ハァ??(好き)

 

サマステのアンコール「太陽のあたる場所」ではソファーの上を手を繋いで歩く→ハグ

少年たち危機一髪の千穐楽では京本パパと樹ママが見守る中でキスシーン。

 

姫の奇行に樹は「癒される」。可愛いの。姫は樹の膝の上でご飯食べるし、ゆで卵も剥いてもらう。「樹へ マジで死なないでね」「京本くんのために生きる」

「俺のMCの役目と俺のきょも取るなよ」「お前のきょもではない」@キントレ(※2017.08.18追記)

この2人の周りにはお花が咲いてるよ!

 

 

 

きょもほく

別名:京北、北京 etc.

京本大我松村北斗

 

はいきた、きょもほく〜!!!

SixTONESのビジネス不仲コンビ。サマステのロキパで鎖プレイしたかと思ったら東西SHOW合戦では猫中毒をやりました。(絡めばええやん!cv.ジェシー)

他の4人はきょもほく担。特に田中樹。きょもほくが絡めば奇声、側にはいつも田中樹。この2人の絡みは舞台袖からバッチリ見て、面白がってます(最高かよ)

 

Jr.祭りたまアリ公演で、例のデジチケ事件*1で時間稼ぎの為に行われたラジオ的なコーナーの際、「皆が思ってるほど俺ら仲悪くないから」

安井くん「じゃあ握手しろよ!」カーテンから手だけ出して握手。安井くんも京北担??

 

バカレア時代は手繋いだり膝の上座ったりしてたのに、ある時を境に一触即発状態に。「2人きりにしておけなかった」「必ず誰かが一緒にいないとだった」「嫌いだったわ〜あの頃」

そう。過去形。今は「別に仲悪くは無いけど、今更照れくさい」期間。でもお互いのことは認め合ってるいい関係。

 

ベストコンビ大賞にノミネートされてるから皆さん是非投票を♡(宣伝)

なんと!ベストコンビ大賞Jr.部門で1位取りました!!!全体は3位。(2017.08.18追記)やばくない??ストのオンナはきょもほくが好き。誰にも言わないから樹は何票入れたのか教えて??

 

 

 

どうでしたか??沼でしょ??

 

後編をお楽しみに♡